2021年01月07日

V.E.フランクル著「それでも人生にイエスと言う」

みなさま、明けましておめでとうございます、院長の向原です。
今月のブログ当番は私ですので、久しぶりに投稿します。
コロナでまだまだ大変ですが、出来るだけ早い今年のコロナの収束を願ってコロナに負けずに頑張りましょうね。

訪問診療をしている患者様には、がんの末期で看取りが近い方や慢性疾患のほぼ寝たきりでコントロール困難な疼痛を抱えている方など様々な方がいます。
在宅主治医として医療用麻薬などでできるだけ投薬コントロールをしたり専門病院へ紹介したりするのですが、症状コントロールがうまくいかないときや差し迫ってくる死への患者様ご本人の不安など、在宅主治医としてうまく対応できない場合があり、いつも悩んでいます。
患者様に「向原先生は元気そうだしバリバリ働いておられるので、私の気持ちがわかるわけない」と言われてしまうと、安易な声掛けなどできなくなります。
「どんな人生にも楽しみがあり意味がある」と心の底から思っているのですが、今の私程度の人間が言うと軽くなってしまいそうで心配です。

そんな私からおすすめの本があります。
フランクル著「それでも人生にイエスと言う」です。
フランクルはオーストリア国籍のユダヤ人精神科医で第二次世界大戦中にアウシュビッツなどの強制収容所に収容された経験があります。
いつ殺されるかわからない中およそ30人に1人の生存率で生き延びて、その時の強制収容所経験を冷静な視点から回顧した世界的なベストセラー本「夜と霧」を著作しました。
そのフランクルがどんな人生にも意味があり希望があると精神科医として冷静に客観的に述べている本が「それでも人生にイエスと言う」です。
IMG_9651.jpg
その本の概要を説明しますと、すべての人のそれぞれの人生に意味があるとのフランクルの信念のもと、それぞれの人が「意味への意志」を強く持ち追及して意味経験、すなわち各種の充実した価値を経験することが可能という考えです。
元気な時に創造的な活動すなわち仕事などを通じて「創造価値」を経験することが可能である、ある程度制限された生活になると芸術体験や自然体験や交友体験など「体験価値」を経験することが可能である、強制収容所収容中や寝たきり状態や病気末期状態では「態度価値」で運命を受け入れると言う意味経験が可能である(これがフランクルの考案した精神療法のロゴセラピー〔意味中心療法〕につながっていきます)、と述べてあります。
創造価値や体験価値や態度価値を経験すると、どのような人生の状況であっても充実した人生を送り希望を持つことが可能で、すなわち「それでも人生にイエスと言う」ことができるとフランクルは強調しています。
意味ある態度価値を経験していくと、「私は人生にまだ何を期待できるのか」と言う問いが「人生は私に何を期待しているのか」との問いに180度転換していきます。

世の中には正論があふれています。
テレビのコメンテーターは一見良いことを言いますが、どれだけ苦しんでいる方々の心に響いているでしょうか?
私は常々「何を」言うかではなくて「誰が」言うかだと考えています。
フランクルは強制収容所経験でまさしく「ガス室虐殺」の危機に直面しながら希望を失わずに周りの人々を励ましながら生き抜きました。
そのようなフランクルだからこそ、どんな大変な状況にある現代の私たちにも心に響く言葉を投げかけてくれるのだと思います。

追伸:強制収容所経験の「夜と霧」は大変重苦しいつらい本ですが、よく読めばフランクルの冷静な目とやさしさを感じることができます。
まずは前半として「夜と霧」を読み、後半として「それでも人生にイエスと言う」を読むと、フランクルの人間性や思想がよく理解できると思います。
posted by MCL at 10:21| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

向原クリニック10周年食事会2020

10周年祝賀会
2020年10月30日、10周年企画もいよいよフィナーレを迎えました

1.オープニングセレモニー
スタッフの愛溢れる手作りくす玉で祝賀会開宴です。院長も嬉しそうですね!
クリニックに記念品のカッコウ時計が飾られました。今日もまた1時間毎に窓から顔を出して美声を響かせてくれています♪

写真@.jpeg
写真A.jpeg
写真B.jpeg                                      

2.スライドショー
お世話になっている方々からのビデオレターや、患者様との写真、また2010年開院時からのクリニックの軌跡を映像と写真で振り返りました。37歳開院時の院長やまだスタッフが5人だった頃の様子を映像で見ていると、たくさんの人に支えられて向原クリニックはここまで来たんだなぁと実感しました。
映像を見ながら涙…
訪問先では患者様と写真を撮りました。みなさん快く撮影に協力して下さいました。
中には撮影に対して拒否があった方もカメラを向けた途端ピースサインして笑顔になったり、ベッドで寝たきりだった方が上体を起こしたり、患者様自身がアクティブになる場面もありました。
後日写真をお渡ししましたが、飾ってくれているお宅がたくさんあり、スタッフ一同喜んでいます。皆様、ご協力ありがとうございました。


写真C.jpg

3.食事会
今年はコロナウイルス対策を万全にし、院内で食事会をしました。お酒は我慢してノンアルコールで乾杯です。各自デスクで距離を保ちながら楽しみました。
今回近隣の日本料理店に初めてケータリングをお願いしました。
お造り、天ぷら、松茸、鯛めし、デザートetc.心のこもったお料理に皆大満足♡
ごちそうさまでした!


写真D.jpeg
写真E.jpeg
実はスタッフ22人全員が揃うのは今回が初めてです。このお揃いTシャツは訪問先でカワイイと好評でした。これで着納めかと思うと少し寂しいです。
最後に記念写真を撮りました。

写真F.JPG

今回のイベントを通して、スタッフ全員で作り上げることで一層結束が深まったと感じています
次は20周年に向けて、さらに地域の皆様に貢献できるようスタッフ一同、より一層精進してまいります。

それでは皆様、良い年末年始をお過ごしください。
また来年も どうぞよろしく お願いいたします

posted by MCL at 16:42| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

我が家のクリスマスツリー

初めまして、秘書の山田です。

1年も早いものであっという間に12月ですね。
大掃除も早めにと思いながらもなかなか取りかかれず週末は過ぎてしまいます

クリスマスの準備は年々遅くなっていて、去年は確か1週間前を切っていたような…。なので今年こそ早めにと思い、とりあえずツリー🎄 を出しました

みなさんの家はどのようなクリスマスツリーですか。今はオシャレなツリーが増えてますよね。
我が家のクリスマスツリーは主人が子供の頃から使っていたものです。
子供が生まれた年に、「クリスマスツリー家にあるから使って」っと主人の母から渡されたのでした。
すごく物を大事に扱う人なので、購入当初の包装紙付きには驚きましたが、有り難く頂戴しました。
おそらく昭和40年代製。
ブログ用1.JPG
何年か前に行った玩具博物館に同じタイプのツリーが飾られていて、歴史を感じたのを思い出します。
モールで作られた少し怖い顔のサンタの飾りやローソクは毎年飾るか飾らないかで悩み、結局飾るのを残念するという始末。そんな飾りも今は100円均一で手に入る今風の飾りと世代交代しました。

今年はミックスバージョンで飾ってみました ️
実はライトもついてるんですが、準備中に試しにつけた後つかなくなりました

我が家のクリスマスはツリーを飾ってケーキを食べるという、至ってシンプルな形で過ごしています。プレゼントも今年はどんな風に届くのかは不明ですが、ツリーのおかげで家の中が明るくなり、クリスマスまで楽しく過ごせそうです
ブログ用2.JPG


posted by MCL at 08:00| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする