2017年05月26日

グアム旅行E〜オマケ〜まさかこんな所で!偶然の再会


(グアムネタで引っ張ってスイマセ〜ン。これで最後です)
この度のグアム旅行で気が付いたことがあります。
観光客のほとんどがアジア系の人間で、欧米の白人は比較的少数です。
グアムに来る日本人が最近少なくなったとニュースで言っていましたが、日本人、中国人、韓国人がそれぞれ同じ割合で来ている印象でした。
それぞれ印象の全く違う中国語、韓国語そして日本語を話すので容易に区別がつくのですが、自己主張をしっかりする中国人と比べて日本人はやはりおとなしい印象です。
わかりやすく言えば、中国人は基本的に目立ちます。

話は変わりますが、最終日のプールサイドで偶然にばったり大学時代の友人で一緒に京都大学整形外科教室に入局したY君とその家族と出会いました。
数年ぶりです。
まさかグアムで出会うとはびっくりです。
日本のどこかで出会うと日本は狭いとなるのでしょうが、こうなると世界は狭い!ですね。
最終日でなければ同じホテルだったので夜遅くお互い家族から抜け出して二人で飲みたかった〜。

ちなみにこの友人との再会の時は妻が体調を崩して部屋で休憩中でした。
妻はホテルの部屋から私と子供たちを眺めていたそうです。
私が友人と再会してお互いびっくりして話し合っている時に、その様子をホテルの部屋から眺めていた妻は(自己主張の強い)中国人に(気の弱い日本人の)私が絡まれていたと思ったようです。

追伸:グアム出国時に手荷物のX線検査で3回ほど繰り返しカバンをチェックされ靴を脱がされ、審査官が複数で何か議論していました。
知らない間に誰かに手荷物の中へ麻薬・覚せい剤もしくは危険物を入れられたのではないかとビビりましたが、無事出国できました。
(知らない間に荷物に麻薬を入れられていた映画「ブロークダウン・パレス」を思い出しました。
http://movies.foxjapan.com/palace/intro.html
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする