2018年08月31日

睡眠剤

私は落語をよく聞きに行くのですが、高齢夫婦の一言小咄に下記のようなものがあります。
夫が寝ていて、妻が夫を起こしながら、
「お父さん、起きて!お医者さんが出してくれた睡眠剤を飲む時間ですよ」
と言うものがあります。
もちろん会場は笑いが起きるのですが、医師の私は少し複雑です。
実際、在宅医療の現場で起こっていることだからです。
その場合は睡眠剤と分かっておらずに(忘れてしまって)、お医者さんの先生が出してくれたお薬だからと医師を信頼して無条件で飲ませるようです。
できるだけ睡眠剤は眠れない時に使用する頓服がよいと思いますので、寝ている時はもちろん寝れそうな時は内服しないように繰り返し本人と家族に説明する必要があると思います。
落語のネタにならないように、薬の適正使用の普及に頑張ります。
(じつはまだまだ苦笑いしてしまう落語の医療ネタがあるんですよ〜)
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする