2019年05月31日

岡田先生送別会

★5/28は岡田先生の送別会。
写真 2019-05-28 19 51 23.jpg

美味しいご飯に美味しいお酒に岡田先生with向原CLメンバーで楽しい時間を過ごせました。
写真 2019-05-28 19 25 05.jpg写真 2019-05-28 19 12 02.jpg

本当に岡田先生は気さくで素敵なドクター。
そんな岡田先生がもう向原CLに来なくなるのは本当に寂しいですが、またご自身のCLが落ち着いたら、来てくれることを信じて待ってみようと思います。

岡田医師より、「また飲み会がある時は誘ってください、いつでも行きます。またCL同士で飲み会とかもね〜♪」とお言葉を頂きましたので、院長どんどん誘ってみてくださいね(^^♪
写真 2019-05-28 19 53 02.jpg

新神戸おかだCLのご発展をお祈りし、新神戸周辺に在住の方は、是非一度受診してみてください。
専門的検査も受けれます。
2019.7月開院予定で、気になる方は検索してみてください。
http://okada-dmcl.jp/
写真 2019-05-28 19 51 32.jpg
posted by MCL at 19:34| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小豆島旅行

10連休のゴールデンウィークは皆様いかがお過ごしでしたか?
私は前半5連休にクリニック待機当番をして、後半5連休で完全をオフを取りました。
前半の5連休の当番は往診と面談や電話連絡相談があり、そこそこ忙しかったので後半はリフレッシュです。
子供たちもそれぞれ忙しかったので、家族5人全員では最終日の5月6日に日帰り旅行へ行きました。

今回は私と子供たちは初めて(妻は若い時に行ったことがあるようです)の小豆島旅行を決定しました。
4月の新聞広告に明石港から高速船での直通の小豆島観光ツアーが載っていました。
もともとそんなに小豆島に興味はなかったのですが(小豆島の皆様、スイマセン)、近くの明石港から島まで直通であり島では観光バスで案内してくれるツアーなら行ったことがない小豆島観光も楽に行けるかな〜と思って、提案したら家族も行きたいとなり決定です。
2.jpg
上記写真は向原クリニック所有の豪華大型クルーザーです!
って言いたいところですが、今回乗車した淡路ジェノバラインの高速船です。
IMG_7039.jpg
船内に指定席があるのですが、天気が良くデッキに出ました。
デッキにでると風が強く最初は気持ち良かったですが、最後は寒かったです。
そして、結構揺れます(少し船酔いしました〜)。
いつもは明石港⇔淡路岩屋を行き来している船が、今回は貸し切りになって約1時間半で小豆島に直行です。

IMG_7041.jpg
上記写真は小豆島の別荘での夫婦ツーショット!
と言いたいところですが、二十四の瞳映画村での建物セットです。
IMG_7042.jpg
上記写真は小豆島オリーブ公園でのオリーブ原木です。
私たち家族の後ろで青々している1917年植樹された原木は樹齢100年!で今もなお実を付けています。
最近テレビで人生100年時代到来と言っているのをよく耳にしますので、私たち人間もオリーブに負けていられませんね。
向原クリニックでも100歳前後(アラ百!)で頑張っている患者様が多くおられます。
1.jpg
寒霞渓ロープウェイに乗りましたが、景色は絶景でした!(写真はホームページより)
10連休最終日の日帰り旅行でしたので、明日からの仕事や学校に帰宅時はみんなブルーでした( ̄_ ̄|||)

追伸:今回の小豆島旅行の感想を正直に端的に言います。
「いろいろ観て楽しかった!船やロープウェイや観光バスに乗って楽しかった!オリーブ公園でのオリーブをたっぷりかけた昼食は美味しかった!
けど、もう当分の間は小豆島に行くことはないかな(1回行ったら十分かな)」
が結論です(笑)。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

自分自身の性格テスト(後半)

私の性格テストのもう一つの興味深い結果が「劣等感が全くない」と言う評価です。
私はこの結果に本当か?と苦笑いしながら、少し嫌な気分になりました。
自信満々で鼻高々な嫌なヤツに見える?と思ったからです。
しかし、よく考えると「劣等感がない」と「自信がある」は別物ではないかと思いました。

私自身の現在の性格を自己分析すると「自信はないけど劣等感もない」なら当てはまるような気がするのです。
私は今までを振り返ると「自信を深める進路選択」ではなく、「劣等感を克服する進路選択」をしてきました。

高校時代はコミュニケーションが苦手な理系人間だったので、得意分野を伸ばすエンジニアを目指そうと思った時期もありましたが、敢えてコミュニケーション能力が絶対必須な医師を目指しました(コミュニケーション能力のない医者もいますけどねぇ〜)。
体育会系の縦の人間関係が強い整形外科の世界を選んだことも苦手克服の部分があり、就職先を母校の浜松医科大学(附属病院)ではなく優秀で個性の強い京都大学(附属病院)を選んだのも甘えを断ち切り劣等感を克服する努力だったと思います。
在宅医に転向してコネもお金もないのに開業したのは、自信があったと言うよりは劣等感がなかったからかもしれません。

皆さまから私がどう見えているのか気になりますが、「自信はないけど劣等感を持たずにいろいろなことにチャレンジしていく自分」になりたいと思っています。

追伸:性格テスト結果より私の性格をまとめると
「自信はないけどコンプレックスもない不思議系草食中年男性」
と言うのはどうでしょうか?
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする