2013年09月29日

7年ごとの記録

 「7年ごとの記録」というテレビ番組を見ました。これはNHK教育(Eテレ)で放送された番組で、もともとはイギリスのITVというテレビ局が製作した長期ドキュメンタリーという手法の番組です。この番組では、はじめに7才の少年少女13人にインタビューを行います。生活のこと、将来のこと、学校のこと、家族や友達のことなどをビデオインタビューします。そして、それ以降はタイトル通り「7年ごと」に同じ13人に同じようなインタビューを行うというものです。つまり、同じ男性・女性の7才・14才・21才・28才・35才・42才・49才・56才のインタビューを記録するということです。イギリスでは1964年に始まり、インタビュー対象の人々は56才になっています。旧ソ連(ロシア)と日本では1992年から開始し、現在は28才までの記録が終わっています。
 同じ人物の7年ごとの記録というのはとても不思議な感触のドキュメンタリーです。子供から青年になり壮年(中年?)になっていく過程で本人の見た目も当然変わり、置かれてる状況も変わっていきます。仕事をしていたり、新たに学校に通いだしていたり、結婚したり、離婚したり・・・。イギリスの記録は56才までが描かれていたのでほぼ人生を俯瞰してみているような感じになります。同じような内容の映画や小説といった架空の物語は数多くありますが、実在の人物で見せられるととても印象深いものです。そして驚くのは、どの人物も経験値によっての変化はあっても、なんというか根本は7才の頃の主義・主張と変わっていないように見えるということです。自分に置き換えてみて肯けるような、そうでもないような、とても不思議な感触があって考えさせられます。
 興味を持たれた方にはぜひ見て頂きたい番組なのですが、NHK教育での再放送の予定は今のところないようです。またNHKオンデマンドでの配信もしていないようですので、現在は見る方法がありません。テレビ番組欄のNHK教育をよく見て「7年ごとの記録○○才になりました」(再放送)を探すしかありません。あるいは7年後の2020年まで待てば確実に放送されますので、そのときにぜひ見てください。

YW

posted by MCL at 14:27| Comment(0) | 新人Y奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: