2013年11月28日

観劇会 演劇集団キャラメルボックス公演

 2013年も残すところあと1ヶ月となり、街も少しずつクリスマスに色づき始めてきましたね。今回は院長のご厚意で、クリスマスに起こった出来事をテーマにした舞台を見に行ってきましたのでそのお話を。
 11月23日、新神戸オリエンタル劇場で行われた、演劇集団キャラメルボックスの“ウルトラマリンブルー・クリスマス”を見てきました。「素晴らしき哉、人生!」というアメリカの映画を基にしたもので、人生の絶望を味わい「死」を覚悟した主人公が、友人や家族との“絆”を通じて生きることの価値を見出していくという、笑いあり涙ありのハートウォーミングな物語でした。
 演劇鑑賞というと、私にとっては中学校の学芸発表会以来、というほど縁遠い世界でしたが、映画とは違う会場の緊張感や、演者と観客が同じ時間を共有するという「生」ならではの良さを味わうことが出来ました。
人生初のプロの舞台鑑賞ということで、開演前は少し緊張していましたが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
 今回の舞台にはラストシーンが2パターン用意されているそうで、もう1つのラストシーンを見るには、新潟に行くか東京に行くか、DVDを買うか・・・


観劇.jpg
劇場入り口にて記念撮影


観劇ロビー.jpg
ロビーではパンフレットやDVD、劇団グッズや「キャラメル」などの販売で賑わっていました


YN
posted by MCL at 18:20| Comment(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: