2018年06月08日

院長嫁さん乳がん闘病記J

さて、いよいよ準備が出来たら手術です‼️
今まで大きな怪我も病気もした事がない私は、手術なんて初めてです💦。
手術は12月19日ですが、入院は12月18日にしました。
1日前に入院して何をするのかな?と思っていましたが、入院や手術の説明・麻酔の説明・薬の説明などなど、先生や看護師さんや薬剤師さんたちが代わる代わる来て下さり詳しく説明して下さいました。

・丁字帯(手術の後に履かせて頂くパンツ?ふんどし?)、片胸帯(胸部術後のブラジャーのような物)を病院の売店で購入して、病院のベッドの机に置いての用意
・経口補水液をいつまでに、どれくらい飲んでおく事の説明と実施
・弾性ストッキングのサイズチェックと使用

などなど、やらなければならない事や初めての事が一杯で、バタバタと過ごす間に夕方になっていました。
暇で、いろいろと考えてしまうよりも、良かったなぁと思いました。
また、病院の看護師さんやスタッフの方々も、皆さんとても優しく、「質問があればいつでも聞いて下さいね」など、手術前の気持ちを穏やかに保てるようにとの、自然な気遣いがとても有り難かったです❣️。
夕方になり、手術前の最後の説明に主人が駆けつけてくれました。
先生の説明、そして転移があった時のそれからの治療の説明を聞き、今まで忙しさで気を張って何とか過ごしていた私ですが、実際に目の前に迫った明日の手術といろいろな事がまたわかる恐怖が一気に押し寄せたのか、不覚にも先生と主人の前で初めて泣いてしまいました。
やっぱり、怖かったんだなぁと、そこで自分で初めて認識しました。
しかし、人前で泣いて、何だかスッキリした私😊‼️。
手術前の夜は寝れないかなぁと思っていたのですが、睡眠導入剤を飲まなくてもグッスリ眠れました❣️。
先生と主人には申し訳ないですが、たまには自分の気持ちに正直に向き合うのも良いものですね❣️。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長嫁さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: