2018年07月06日

院長嫁さん乳がん闘病記L

手術が終わりホッとした手術日でしたが、痛くなるのかな?とビビりながらも💦良く寝る事が出来ました😊。

手術後1日目。
手術の次の日からなるべくトイレなど近場から歩いた方が良いそうです。
腕には点滴、あとオシッコ用の管が次の日のお昼ぐらいまで付いています。
私は寝てる分にはそんなに痛くなかったので、オシッコの管を抜いて頂いた後に、早速頑張ってトイレに行ってみようとした私。
優しい看護師さんが見守って下さる中、トイレに行こうとベットから立ち上がろうと思った瞬間、ドレーンが入ってる辺りがグッサリと刺されたかのように痛みました💦。
ヒャー‼️。これはヤバイ‼️。
「痛いので、もうちょっとしてから再チャレンジしてみます、、、。」
見守って下さってた看護師さんも「大丈夫ですか?じゃあ、またもう少し後に行ってみましょうか💦。」と優しいお言葉を頂きました。
ありがとうございます😭。
手術後の痛みは人それぞれなので、きっと私がヘタレなせいだと思います。
しかし、さっきは痛かったなぁ。
息吸うのを忘れる所やったわ😭と思いながら、何とか頑張ってトイレに行かねばと考えていました。
こんなにトイレを遠くかつ困難に感じたのは、産まれて初めてです‼️

しばらくして、心を奮い立たせての再チャレンジ‼️
ゆっくりゆっくり立ち上がり、ヨロヨロとトイレに行き、向きを変えるのも用をたすのも一苦労しながら、ようやくベットに帰還出来たのでした‼️
私、お疲れ‼️
そして、見守って下さった看護師さん、感謝でございます‼️
ご褒美に、夕方、主人が子供達を連れて来てくれました。
ポシェットみたいなカバン?の中に血膿が入ったドレーンを首からぶら下げて少しヨボっている母を見て、チョッピリ子供達はビックリしていましたが、話したりヨボリながらも歩く母を見て子供達も安心した顔をして帰って行きました😊。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長嫁さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: