2018年10月12日

中学校運動会

次男の中学校の運動会を見に行ってきました。
家族全員知っていますのでここでも正直に言いますが、私は運動会を見に行くのがあまり好きではありません(ちなみに音楽会は好きです)。
もちろん自分のや知っている子供たちが競技するのを見るのは楽しいのですが、圧倒的に待ち時間が長く暑いし座れないことが多く長時間立っていてしんどいので、消極的です(ろくでもない父親とよく怒られます)。

今回幸いにテントのベンチが確保できて天気も曇りで体感気温もちょうど良かったので、条件的には過ごしやすい運動会でした。
ベンチに座っていたので自分の子供や姪っ子以外の競技も観戦していました。
そして、結構感動して競技を見ている自分に気付きました。
中学校はリレー走競技が多いのですが、前の走者からバトンを受け取り一生懸命走って次の走者にバトンをつなぐ、単純ですがクラス対抗競技でクラスのために一生懸命走って他の生徒も一生懸命応援をするところにジーンときました。
バトンを落としたりかなり遅れてバトンを受け取ったりすると、それでも一生懸命走っている子供たちを見てウルッときます。

という訳で、このブログの結論は私が年をとって涙もろくなったのかなぁと言うお話でした。

追伸:身長と体重のある次男は組み体操ですべて土台でした(中央3人組の左下)!
「土台は痛い、痛い」と言う次男に「縁の下の力持ちの土台が一番かっこええねんで」と伝えて置きました。
IMG_6416.jpg
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: