2018年12月14日

フランスの歴史〜カトリックキリスト教

フランスの起源はフランク王国にたどり着きます。
フランク王国の初代国王であったクロヴィスがカトリック司教からランス大聖堂(現在のノートルダム大聖堂)で西暦496年に洗礼を受けてカトリックキリスト教に改宗したことに始まります。
以後西暦816〜1825年(ほぼ千年!)まで歴代の王様(フランク王国→フランス王国)はランス大聖堂のカトリック司教より戴冠され、国王としての権威を認められることになります。

フランスの王権が弱かった前期はカトリックキリスト教の権威を借り協調して国家運営を行い、カトリックキリスト教の対抗勢力である異端キリスト教やイスラム教に対しては十字軍を編成して戦い、14世紀ごろのこの時までが協力体制です。
フランスの王権が強くなり確立すると、世俗的事柄は国王の方が教会(教皇)より優先されるというガリカニスム(フランス主義)と言う考えが広まり、ローマ教皇を捕まえて軟禁するアビニョン捕囚など国王とローマ教皇は対立に転じます。
それでも最終的にはフランス革命で廃止された国王よりも、19世紀までカトリック司教により戴冠され権力を認可され(それが形式的なものであっても)、現在も国家としてカトリック国としての長姉として認知されているフランスです。
キリスト教権威とフランス権力は時代によって距離感や実効力が異なりますが、カトリックキリスト教の権威が脈々と受け継がれている国がフランスなのだと思います。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: