2019年03月22日

とおりゃんせ

末っ子と二人で大阪の繁昌亭で落語を聞いて、その帰りに隣の大阪天満宮でお参りをして帰ります。
そのため最近は天満宮に毎月1回は行っています。
いつも人が多く、地元では「天神さん」として親しまれているようです。
私は元々「天神さま」に怖いイメージがあったのですが、最近は大阪天満宮の華やかな雰囲気に親しみがわいています。
そして、以前なぜ怖いイメージがあったのか考えました。
無実の罪で大宰府へ左遷された菅原道真の祟りを恐れた朝廷が天満宮を作った歴史がありますので、道真の祟りへの怖さかとも思ったのですが、それだけでは不十分なようです。
結論は「とおりゃんせ」のわらべうたの「天神さま」のイメージだと思います。

通りゃんせ 通りゃんせ(通りなさい、通りなさい)
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ


私はおどろおどろしいメロディーと歌詞で子供の時から勝手に「用ない者は通してくれない怖い天神さまは、うまくおびき寄せて(行きはよいよい)帰りには呪いをかける(帰りは怖い)(苦笑)」と思っていたようです。
しかし、そんなはずはないのでインターネットでいろいろと検索していると私が一番共感した歌詞の解釈がありました。
https://mag.japaaan.com/archives/87105
「七つのお祝い」は「七五三のお祝い」のことで、江戸時代などの昔は七つで大人入りしたようです。
おそらく農作業手伝いや丁稚(でっち)奉公など仕事が始まり、現代と違って困難の始まりだったのでしょうね。
なので、本当の意味は「七つになるまでは天神さまが守ってくれていたけれど、今後は大変な世の中を自分の力で生きていかないといけない」警鐘の歌だと思いました。
(おどろおどろしい曲調は励ましや教訓の歌とは思えないので、警告の歌なのでしょうね)

追伸:上記は私が一番納得した説ですが、歌詞の意味にはその他諸説いろいろあります。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: