2019年08月30日

東京オリンピック

「暑い〜」
という形容詞しか出てこない残暑きびしい今日この頃、
皆様、いかがお過ごしですか?
8月のブログ担当の看護師の安井です。

およそ2年ぶりの投稿なので、
もう、あの美しい✨安井看護師さんは辞めてしまったのかしら?
と心配していたあなた
子どもみたいなあなた
安心して下さい。
辞めてませんから〜。

というか、
最近まで、本業の「美人看護師」✨の仕事より
「東京オリンピック観戦ツアー委員長」
の副業のほうが忙しかったです。
というわけで、今日はその副業のお話しをさせていただきます。

来る2020年の9/1に
向原クリニックは、10周年を迎えます。
その記念として、心は太っ腹、体はスリムな院長が
(あれ、なんでこんなところにゴマが? あっ!今、私がゴマすりをしたからか・・?)
話しを元に戻します。
向原院長がクリニックの10周年記念として、
みんなでオリンピックを観よう!
と言い出したんです。
で、その計画はすべて
オリンピックツアー委員長の私に丸投げ!
間違い
お任せ!
なので、自由にやらしてもらっています(笑)

最難関がなんといっても総勢24名のオリンピック観戦チケットの入手で
チケットを当てる戦略を夜も寝ずに昼寝して、
クリニックの有識者達※と
考えに考え
練りに練り
検討に検討を重ねた結果、
クリニックの固定電話とガラケーとスマホで
東京オリンピックのIDを10個作って、
1つのセッションに対して、3名分ずつ申込みました。

え?どうして3名ずつなのですか?と質問したあなた!
いい質問ですね〜(池上彰ふうに読んでね)
確かにツアー人数は、前半組と後半組に分かれて、
それぞれ12名ずつですが、
まず、12名で申し込めるセッションは1つもありま〜せんっ!!
多くても6名までです。

でも、6名ずつ申し込むと、申し込めるチケットの合計数が30枚までなので
5種目しか申し込めません。

それに、大人数で申し込むより、
少人数のほうが当選確率が上がるのではないか?
2人より3人のほうが、当選した時にグループになりやすいかも?
余ったチケットをリセールした時に6枚より3枚のほうが売りやすいかも?
などなど色々と考えたけど、
最後は、カン
観戦ツアーの日に見られる屋内競技はすべて3名ずつ申込みました。

で、もし全部当選したら600万円くらい。
高ッ!
チケット代に600万円て ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
当たったら、ク、ク、クビになるかもしれない
600万という、その金額に一瞬ビビッて怯みましたが
大丈夫! そんなに当たらない!
当たってもリセールかけたらいいんだし
と思い直し、自信を持って抽選に臨みました。

結果、当たったのは120万円分くらい。
バレー男子、バレー女子、陸上、飛び込み、
シンクロデュエット、体操女子、柔道、ハンドボール
チケットが当選しました。
総勢24名の職員が、みんな2種目ずつ観戦できて、
なおかつ、まだ少しチケットが余るくらいです。

ついてる〜。
狙いどおり当たってくれてしい。
勝算は、クリニックの有識者に相談したことと、
抽選前に三室戸寺に祈願したことでしょうか。
抽選前は、オリンピックチケットが当たるかどうか気が気でなく、
そんな私を、セレブママ友達※が宇治市にある三室戸寺に連れて行ってくれました。
三室戸寺の勝牛の口の中の玉を触ると勝負運が上がるそうです。
丁度、三室戸寺は紫陽花が見ごろで、セレブママ友達は紫陽花目当てでしたが、
私はずっとずっとずーっと勝牛の口の中の玉を触っていましたとさ。
IMG_8867.jpg
                            おしまい

注釈
※有識者
ゆうしき-しゃ と読む。広く物事を知っている人。学問・識見のある人。
クリニックの有識者は非公開。

※セレブママ友達
安井看護師が羨ましく思っている大金持ちで優しい友人たち。
安井看護師がピンチの時、いつも助けてくれる。



posted by MCL at 17:22| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

日本の景色 本の中の里山

こんにちは
事務のKです。

皆さんは日本の里山と言われると
どんな景色を思い浮かべるでしょうか。

私は田舎が山口でしたので
熱い夏に青々と茂ったミカン畑が思い浮かびます。

それと同時に、
行ったこともないような
刈り入れが終わった田んぼの横を走るSLやら
渓流の奥にある炭焼き小屋
雪に覆われた北国の景色なども浮かびます。
きっと、これらは幼い頃から親しんできた
書籍の中にしかない、里山の景色なのかもしれません。

しろばんば
次郎物語

大人になって思い浮かべると
こうした書籍から受けたイメージというものは
本当に大きかったと思います。

同時にビジュアルで圧倒的に訴えてきた
コミックが一つあります。

それが
『釣りキチ三平』(矢口高雄)
EFC98E98-1D36-40DF-B182-9616E02014CB.jpeg

矢口先生は30歳まで秋田県にて銀行員をなさっていたという異色の経歴をお持ちの漫画家です。
その描画は繊巧の一言。
三十代までお仕事をされていたことから秋田の田舎について深い造詣をお持ちで
漫画の中でもそれらの経験が存分に発揮されています。
特に舞台が川べり(もしくは海)中心となることから
自然に囲まれた描写が多くなります。

そこに描写される里山の風景は
まさに昭和を生きた我々の心の中にある里山に近いものが
あると感じています。
※因みに私自身は釣りを一切嗜みません。

その景色が先なのか、
漫画が先なのか
影響を受けた私には分かりませんが
決して、皆さんの中にある里山とも
離れていないのではないかと思います。

漫画家としてはすでに引退されているとのことですが
その美麗なイラストの数々は
今でも見る人の心を捉えて離しません。

ご興味がありましたら是非ご一読くださいませ。


posted by MCL at 23:50| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

岡田先生送別会

★5/28は岡田先生の送別会。
写真 2019-05-28 19 51 23.jpg

美味しいご飯に美味しいお酒に岡田先生with向原CLメンバーで楽しい時間を過ごせました。
写真 2019-05-28 19 25 05.jpg写真 2019-05-28 19 12 02.jpg

本当に岡田先生は気さくで素敵なドクター。
そんな岡田先生がもう向原CLに来なくなるのは本当に寂しいですが、またご自身のCLが落ち着いたら、来てくれることを信じて待ってみようと思います。

岡田医師より、「また飲み会がある時は誘ってください、いつでも行きます。またCL同士で飲み会とかもね〜♪」とお言葉を頂きましたので、院長どんどん誘ってみてくださいね(^^♪
写真 2019-05-28 19 53 02.jpg

新神戸おかだCLのご発展をお祈りし、新神戸周辺に在住の方は、是非一度受診してみてください。
専門的検査も受けれます。
2019.7月開院予定で、気になる方は検索してみてください。
http://okada-dmcl.jp/
写真 2019-05-28 19 51 32.jpg
posted by MCL at 19:34| Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする