2018年03月30日

院長嫁さん乳がん闘病記E

11月20日、エコー下乳腺マンモトーム生検の日がやってきました。
まず、エコー下乳腺マンモトーム生検についての説明をして頂いた上で同意書を書きます。
同意書の質問事項は、局所麻酔薬での異常の有無・薬剤アレルギーの有無・気管支喘息の有無・血を止まりにくくする薬剤内服の有無です。
注意事項としては、当日の入浴やアルコール飲酒の禁止・基本当日の自宅安静・合併症として出血と感染の可能性があるため疼痛や腫脹などがあればすぐに受診・翌日に傷の観察の為の診察ありです。
MRIよりも緊張マックス‼️。
なぜなら、エコー下乳腺マンモトーム生検の書類の冒頭に手術(名)と書いてあるではありませんか💦。
手術なんだ、手術室に行くのだろうかといろいろ考えまくり、頭でっかちになりながら名前を呼ばれ緊張マックスでお部屋へ。
カーテンを開けると普通のベッドがあるお部屋。
ここは前の針生検のお部屋。
同じお部屋ってだけで、こんなに安心出来るとは😊。
「上半身を脱いで頂き、ベッドに横になって下さいね。」
頑張れ私‼️。
この間から、自分を励ます事だらけだなぁ。
私、頑張ってるなぁと思いながら、ベッドへ。
「じゃあ、今からエコー下乳腺マンモトーム生検していきますね。消毒しますね。」
先生がそうおっしゃられながらエコーで乳癌疑いの部位を入念に確認された後消毒され、緑の丸く穴が空いた布を右乳にあてられました。
「こんなので細胞を取るからちょっと大きな音と振動がくるけど、大丈夫ですよ。痛みがあれば、すぐに言って下さいね。」
とミニ機関銃の様な医療機器を、優しい笑顔で私に見せて下さいました。
ワォ‼️。痛そう‼️💦。
変な脇汗をかきながら、私、頑張る‼️。
局所麻酔の後、
「じゃあ、今から始めますね。」
と先生。
「お願いします‼️」
ん〜〜〜〜〜〜💦。
歯を食いしばり、よっしゃ‼️こいや〜〜‼️。
細めのストローみたいな針さんが、ブッスリと私の右乳ちゃんに刺さります。
およっ、痛くないぞっ?
「痛み、大丈夫かな?」
「はい。大丈夫です。」
先生、すごい✨✨✨✨。あんな細ストロー針が刺さってるのに、痛くない。
ありがたや〜〜😊✨✨✨✨✨。
5回ぐらいブッスリとブッスリと、細ストロー針で、細胞をしっかりと取って下さった先生、ありがとうございます。
「しっかり取れましたからね。」
先生がガーゼでギュッと止血しながら、おっしゃられました。
はぁ。良かった。
恐怖の生検も、なんとか無事に終わった。
偉かった私、ヨシヨシ❣️。
頑張った時は自分もしっかり褒めてあげないとなぁと、変な汗でグダグダになりながら思う私でした。

そして、勿論、先生や看護師さん検査技師さん、ありがとうございました😊❣️。
所要時間は15分ぐらいです。
次回、MRIとエコー下乳腺マンモトーム生検の検査結果を診て頂き、診断がくだるの巻です。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長嫁さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

院長嫁さん乳がん闘病記D

11月10日、MRIの日があっと言う間にやってきました。
この日は主人の両親が「一緒に行くよ」と、言って下さりました。
細胞診の結果を聞き、造影剤を入れてMRIを撮影すると決まってから、再びネットで調べまくったためどちらかと言うとアレルギー体質の私は造影剤にビビっていました。
主人も以前に造影剤を入れてMRIを撮影した事があり、その時に身体がすごく熱くなりちょっとやばかったと、要らん情報をいれてきたのです。
また、私はMRIを撮って頂くのも初めてのため、すごい音がするや閉所恐怖症の人にはキツイとネットに書いてあり、実際はどんなもんなのかとビビりながらも興味津々です。

当日は私と同じ様にMRIを撮る人達が沢山待合室で待っていました。
いつ来ても、この総合病院は一杯です。
こんなにも沢山身体の何処かに不調がある人がいるのだなぁと日頃健康な事をもっと感謝しなければと、しみじみ思いました。
主人の両親が一緒に来てくれたお陰で、あっと言う間に自分の名前が呼ばれた感じでした。
1人で行ってたら、変な冷や汗を流していた事でしょう💦。
「じゃあ、頑張ってくるわな。」
「頑張れよ‼️」
力強い応援を受けて、いざっ‼️MRIへ。
まずは、お着替え。
ズボンが若干ピッチリですが、何とかセーフ。
痩せななぁと、こんな時も人間は冷静に思えるのですね😅。
次は造影剤を入れる点滴?の針を、乳がん疑いの胸(右乳)とは反対の方の腕の手首の辺りにプスっと。
しかし私は太っている為、血管が出にくく、いつもご迷惑をおかけしておりまする。
すみません。痩せななぁ💦。
そしてMRI撮影へ。
頑丈な白いお部屋に大きなMRI。
ウィ〜〜ンとベットの様な台が出て来てそこにうつ伏せに寝るのですが、台に2つ穴が開いていて、その穴にオッパイを1個づつ入れて、万歳をした状態で寝ます。
「大丈夫ですか〜〜?」
「はい。」
「何かあった時は、機械の中でもお話出来るので、安心して下さいね。」
耳に大きなヘッドホン、そして癒しの曲。
「じゃあ、今から始めますね。大きな音がしますが、機械の音ですので、大丈夫ですよ。」
「はい。」
ウィ〜〜ン、台がMRIの中へ。
ガガガガガガッ‼️ドガガガガガッ‼️
これって、壊れてないよね?と疑う程の音。
癒しの曲が鳴っているのかな?と分からないぐらいの爆音です。
それも、一定の音ではなく、いろんな音。
うわ〜〜っ💦と、思っていると、
「今から造影剤入れますね。」
てっきり、もう入ってるのかと思ってたから、またビックリ‼️。
入っていくとあったかい感じが、私の場合腕の辺りだけ感じました。
体感時間は、2、30分。
結構長く感じましたが、その場では副反応などなく、無事に主人の両親と家に帰る事が出来ました。
感謝❣️。
でも、次の日に体が少し痒かったです。
次回は針生検です。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長嫁さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

院長嫁さん乳がん闘病記C

11月8日、細胞診の結果を聞きに、頑張って1人で病院に行きました。
ドキドキが止まらない〜〜。
緊張を超えてテンションが高くなりそうなのを抑え抑え、待合室で本を読んでいました。
するとそこへ「お話しに来たよ〜〜。」と、大好きな友達がサプライズで来てくれたのでした😂。
不安に押し潰されそうだった私は、ビックリしながらもすご〜〜く嬉しくなってしまいました
無駄に心配させてもいけないしと思い、家族と親族、その他には数少ない友達にだけ乳癌の事をお伝えしていたのです。
お陰様で待合室での待ってる時間のドキドキがすご〜〜くましになりました。
友達に感謝です‼️。
診察室から名前を呼ばれ、戦さに行く私を友達は明るく見送ってくれました。
やっぱり、診察室に入ると、またドキドキが襲ってきます。
しょうがない、こんな時は誰でもドキドキさっ💦。

「ん〜、検査結果は、悪性か良性かはやっぱりハッキリしなかったね。だけど、何かあるのは確実だから、もう少し詳しく調べた方が良いですね。前にもお伝えしていたように、MRIと針生検をした方が良いでしょう。」と先生がおっしゃられました。
はぁ〜〜、なんだか分からないままなのか
でも、やっぱり、これって、悪性率が高そうだなぁと、嫌な予感💦。
「MRIは、造影剤を入れて調べましょう。」とおっしゃられました。
先に針生検をしてしまうと組織が綺麗にみえないので、MRIを先にして全貌を診るとの事。
MRIは11月10日に決定。
初MRIのため帰ったらネットで造影MRIを調べまくるぞと、心に決めて診察室を出ました。
友達が恐る恐る、「どうやった?」と聞いてくれました。
優しいなぁと、あったかい💓気持ちに癒されながら、「今回の検査では、悪性か良性か分からなかったから、また詳しくしらべなあかんみたい。」と言うと、「そうか。」と優しく返事してくれました。
こんな時は、誰かに話すと、少し心が軽くなりますね。
その分、話した相手は心が重くなるかもしれないけど💦。
有り難く優しさに甘えさせてもらいました。
友達よ、ありがとう😊‼️。
感謝感激、雨霰(アメアラレ)‼️
今後とも、こんな私ですが、どうぞヨロピクお願いします🙇‍♀️。
次回、MRIに続きます。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長嫁さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする