2019年04月24日

歳を感じる

今年2月で54歳になりました。

40台の時は元気に過ごしてましたが、
50を超えて、特に今年に入って体調ガタガタ。

股関節や膝関節の痛みは、体重増加と運動不足からだと思い
炭水化物の摂取を控えてタニタのフィツミー(女性専用30分の運動)に行ってますが
体重は減らず痛みも変わらず
消化器官も衰えてるみたいで宅直以外は多量に飲んでいたアルコールも一時期は止めて
今はほんとに嗜む程度にしています。

3連休があれば、大好きな温泉旅行に行ってたんですがそれも気分がのらなくて行ってない。
身体的にも精神的にも衰えを感じています。

最近当院の新規依頼も、私や主人と変わらない年齢の癌患者さんが多くて気分的にも滅入ってます。
でも・・・暗い話ばかりだとほんとに落ち込むので
毎年の10月の長期旅行8泊9日プランを今から立案しようと思います。
8泊9日と聞けば海外と思うでしょ。国内です。

温泉と懐石料理大好き 観光は神社仏閣と鍾乳洞  
今回は岩手県に行こうと考えています。

もちろん前回ブログで紹介した愛犬の俊も一緒です。
彼も14歳になりました。
00000001120.png
posted by MCL at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

【シイタケ皮膚炎】について

今回は、入職して3年になります 医師の安井が担当です。

最近は講演会などに顔を出し自己啓発しています。シイタケ皮膚炎について書きます。

シイタケ皮膚炎は1974年に日本人で初めて10例報告された病気です。
この先春から夏にかけて海辺や河原でバーベキューをする機会が増えると、シイタケを食べて発症する「シイタケ皮膚炎」が急増するという疾患です。生焼けのシイタケを食べることで発症する。アルコールと一緒に食べて発症したというケースが多く、男性にやや多いと言われていますが、女性でも同じくらいの発症例が報告されています。

摂取して1〜3日後、首や腕、腹や背中などに激しいかゆみが表れ、我慢できずに掻くと、掻いた部分が発赤し細かい水疱ができます。
写真.jpg

胃腸症状はなく、皮膚アレルギーがあると発症しやす以前に、シイタケの戻し汁をそのまま飲む健康法でシイタケ皮膚炎が多発したり、シイタケチップ菓子を食べて発症したりした例もあるようです。

甲殻類アレルギー、薬疹などはポピュラーですが、皮膚科の先生によると
「患者にシイタケが原因だと説明すると、皆一様に驚かれるようです。」

治療は内服薬としては、抗ヒスタミン剤やトラネキサム酸などの皮膚アレルギー反応や消炎効果のある薬剤や、L-システインなどのアレルギー反応を抑える効果のある内服、外用薬としてはステロイド軟膏を塗布等です。
posted by MCL at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

黒龍銀次

運転手の植戸です、早いものでもう2年半お世話になっております。
いつまでお役に立てるか?思うこの頃です。今後ともよろしくお願いいたします。

前回は、私自身のお話でしたが今回は、黒龍銀次、今私のパートナーのお話です。
生年月日: 平成24年7月6日(辰)現在6歳7ヶ月 雄

この頃可愛いネPicture100912_103959.jpg

出生地 :
姫路市夢前町です
出会い : 
ある日(彼女)が、「年を取っても運動ができるように犬でも飼う?朝夕近所の爺さん達が、散歩がてらに犬散歩させてるよ。」
うん?犬の散歩?と言うことは?犬を飼っても良い?(内心、チャンス!犬を飼う許可出た!?)       
一度子供の頃犬を飼いたくて、捨て犬を家に持って帰つたが親父に、「近所迷惑やし、誰が面倒見られる、戻してこい。」と言われ泣く泣く返した事がありそれ以来、犬を飼う事は諦めていました。それが今OK、何でやろ?「自分犬好き?、飼った事あるの?」「子供の頃家でシェパード飼ってた。」やったね確定!!

それから数日後(10月初め)の日曜日「天気も良いし出かける?」
この頃、時々仕事で夢前町へ来る機会がありその時に柴犬のブリーダー、(夢薊柴犬館)
を見かけめっちゃ可愛い黒柴が居るのを見ていました。此処が私の目的地です。

神戸から2時間程で到着、早速中へ入ろうとすると胡散臭い叔父さんが「先ず入る前に
その靴消毒液に浸して入ってな、雑菌が入らんようにな」成程、生き物飼ってるからか
ここは柴犬専門、赤柴(赤毛)と黒柴(黒毛)で、中には12,3匹の柴犬の子がゲージに入っていました。う〜ん皆かわいい、生後2、3か月程度の仔犬、犬好きには堪りません皆持って帰りたい暫く物色、あれ?黒柴が、「小父さん黒はこの子1匹だけ?」「うん、他はもう飼い主決まって引き取られたな、もう少しすると又新しい子来るけれど黒が来るかどうかな?」え〜、この子だけ・・、(この時に運命は決まった)
「小父さんこの子貰う」「で、いつ引き取りに来るの?」「いつ?今、今日貰って帰る」
「あんた、今までに犬を飼つたことあるの?」「ない、最近飼いたいなと思て、今この子を見て」「あんた、生き物を飼心構え出来てる?面倒見るのは大変よ、今までにあんたみたいな人おらんわ」「兎に角、最後まで面倒みると約束する?」
この後、柴犬の性格、飼い方等長々とレクチャーしてもらい(この胡散臭い人本当に柴犬を愛してる人でした)引き取って帰ることにしました。
帰り際、子犬用のゲージも借りて帰りました。(えらいサービスええやん)

2ヶ月程借りてました。DSC_0033.JPG

でも、犬を飼う段取りも何もせずにいきなり家に連れて帰り豪い事件が次々と起こる羽目になりましたが、この後の話は次回お楽しみに。

これは夏の時期ですが
最近こんな感じ
寝てばかりimage1.jpeg


posted by MCL at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする