2019年06月14日

疲れた時に癒してくれる本「夜間飛行」

私はかなりのペースで本を読んでいますが、(買った本や明石図書館で予約して届いた本がリビングの机の上に常に積み重なっています)、疲れてしんどくて本を読む気にならない時は当然あります。
皆さんもご経験があると思いますが、本を読む行為はエネルギーが必要なので集中している時は楽しいですが、注意力が散漫になると本が読み進めなくなりますよね!
それでも本を読みたいときは、私は何回も繰り返し読んだお気に入りの本を繰り返し読み返します。
ストーリーは頭に入っておりスラスラ読めますので、エネルギーを使うというよりは私には疲れた時に元気をくれる本です。
そのような本が何冊かあるのですが、そのナンバーワンの本をご紹介します。
星の王子様で有名なサンデグジュペリが書いた「夜間飛行」です。
IMG_7116.jpg
この本は郵便飛行士だったサンデグジュペリの実体験を基にした郵便飛行士とその上司の物語小説です。
夜間飛行中だった郵便飛行士は嵐に巻き込まれて墜落死して、その妻は絶望のどん底に落ちその上司は深い悲しみに暮れるのですが、決して暗い話ではなく友情・愛情の信頼関係で結ばれた美しく優しい人間の使命や尊厳を表現する小説に仕上がっています。
以前紹介したサンデグジュペリ著「人間の大地」の方が私は内容の深さから元気な時は好きなのですが、重すぎて気分転換に読む本ではありません。
http://mukaihara.seesaa.net/archives/20180309-1.html
そのため、もう10回以上は読んでいると思いますが、気分転換に元気をもらう本としての「夜間飛行」なのです。

追伸:私は中学生〜高校生の時に好きな漫画としてドタバタ学園コメディの「ハイスクール奇面組」があります(当時流行ったので同世代の方は覚えていますよね!)。
子供の時の本はほとんど処分していますが、漫画「ハイスクール奇面組」の全20巻は思い出の品としていまだに私の本棚にあります。
学生時代に気分転換で繰り返し「ハイスクール奇面組」を読んでいた自分と、もう漫画は読まなくなりましたが気分転換に繰り返し「夜間飛行」を読んでいる自分が重なります。

posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

高齢ドライバー交通事故

最近高齢ドライバーの運転操作ミスでの痛ましい事故が多いですよね!
特にこれから夢のある将来に向かって生活していた子供たちが犠牲になるとさらに胸が痛みます。
このような事故は自分自身が被害者にも加害者にもなりえますが、一般的に視聴者の皆様は自分自身の子供たちが被害者になる場合と自分自身の高齢の親が加害者になる場合の両方を想定して感情移入しながらニュースを見るのではないでしょうか?

私の両親は健在で母は運転免許証を持っていませんが、73歳の父は普段運転をしています。
最近、子供の誕生日会で両親と妹家族でホームパーティーをする機会があり父が今後自動車運転をどうしていくか問題提議しようと思っていたのですが、みんなで楽しい雑談をしているうちに話題にすることを忘れていました。
もし話題にしたとしても神戸市西区の田舎道が多い住宅地ではスーパーに行くのも徒歩では高齢者には難しいので、「車運転しなかったら誰が食料品や日用品の買い物に連れて行ってくれるんや?」と言われれば、(できる範囲でサポートするとしても)黙ってしまうしかありません。
私も多くの方も自分たちのことになると甘くなったり結局は(事故が)他人ごとになるのが一番いけないことですね!

自発的努力で世の中が改善しないのであれば、ある程度法律で規制するしかないと思います。
しかし前述理由より大きな反発も予想されます。
なので、せめて8割以上の人が十分〜しぶしぶ納得するようなルール規制が必要だと思います。
という訳で私の提案は
@85歳以上の方は原則運転免許証は失効(年齢の根拠は平均寿命です)
A85歳以上で運転を希望する方は、毎年運転シュミレーションテストを受けて子供の飛び出しに対して急ブレーキが適切に踏めるかどうかチェックして、クリアした方のみ免許更新
というのはいかがでしょうか?
@の年齢は国民の受け入れ状況を判断して80歳や75歳に引き下げをしたらよいと思いますし、Aのシュミレーションテストの難易度も調整していったらよいと思います。

 我が家では朝に3人の子供たちを学校に妻が玄関で送り出します。
妻が時折高校生の長男を車で最寄りの駅まで送っていくことがあるのですが、その時は中学生の次男と小学生の三男を玄関で私が送り出します。
「青信号で横断歩道を渡っていても歩道を歩いていても車が突っ込んでくるかもしれんから気〜付けや」が子供たちを送り出すときの最近の口癖です。
交通事故が減る世の中になってほしいものです。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

小豆島旅行

10連休のゴールデンウィークは皆様いかがお過ごしでしたか?
私は前半5連休にクリニック待機当番をして、後半5連休で完全をオフを取りました。
前半の5連休の当番は往診と面談や電話連絡相談があり、そこそこ忙しかったので後半はリフレッシュです。
子供たちもそれぞれ忙しかったので、家族5人全員では最終日の5月6日に日帰り旅行へ行きました。

今回は私と子供たちは初めて(妻は若い時に行ったことがあるようです)の小豆島旅行を決定しました。
4月の新聞広告に明石港から高速船での直通の小豆島観光ツアーが載っていました。
もともとそんなに小豆島に興味はなかったのですが(小豆島の皆様、スイマセン)、近くの明石港から島まで直通であり島では観光バスで案内してくれるツアーなら行ったことがない小豆島観光も楽に行けるかな〜と思って、提案したら家族も行きたいとなり決定です。
2.jpg
上記写真は向原クリニック所有の豪華大型クルーザーです!
って言いたいところですが、今回乗車した淡路ジェノバラインの高速船です。
IMG_7039.jpg
船内に指定席があるのですが、天気が良くデッキに出ました。
デッキにでると風が強く最初は気持ち良かったですが、最後は寒かったです。
そして、結構揺れます(少し船酔いしました〜)。
いつもは明石港⇔淡路岩屋を行き来している船が、今回は貸し切りになって約1時間半で小豆島に直行です。

IMG_7041.jpg
上記写真は小豆島の別荘での夫婦ツーショット!
と言いたいところですが、二十四の瞳映画村での建物セットです。
IMG_7042.jpg
上記写真は小豆島オリーブ公園でのオリーブ原木です。
私たち家族の後ろで青々している1917年植樹された原木は樹齢100年!で今もなお実を付けています。
最近テレビで人生100年時代到来と言っているのをよく耳にしますので、私たち人間もオリーブに負けていられませんね。
向原クリニックでも100歳前後(アラ百!)で頑張っている患者様が多くおられます。
1.jpg
寒霞渓ロープウェイに乗りましたが、景色は絶景でした!(写真はホームページより)
10連休最終日の日帰り旅行でしたので、明日からの仕事や学校に帰宅時はみんなブルーでした( ̄_ ̄|||)

追伸:今回の小豆島旅行の感想を正直に端的に言います。
「いろいろ観て楽しかった!船やロープウェイや観光バスに乗って楽しかった!オリーブ公園でのオリーブをたっぷりかけた昼食は美味しかった!
けど、もう当分の間は小豆島に行くことはないかな(1回行ったら十分かな)」
が結論です(笑)。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする