2018年02月13日

医師の求人を再開しました!

4月から常勤看護師の増員が決まりました(一旦看護師募集は終了になります)。そのため今後の向原クリニックの様々な展開に向けて、週1/3〜1/2の宅直当番のできる訪問診療を行う常勤医師の募集を再開します。併せて非常勤医師も募集しますので応募をお待ちしております(ホームページの職員募集をご参照ください)。

待遇:年棒制(時間外出動は別途支給あり、1年ごとの面談での更新)
医師年数、在宅医経験、人柄を考慮し前年度の収入を参考に検討させていただきます。
勤務時間:8時30分〜17時30分、週4.5日弱(日曜日、祝日、平日1日休みで土曜日午前中を交代で勤務)

※医師宅直当番とは休日や夜間の時間外に患者さまから電話があったときに対応する当番です。ファーストコールの電話は看護師もしくは事務員が対応しますので、そのあと連絡を受けて対応します。電話指示だけ対応できる場合もありますが、往診が必要な場合がありますので当番の日には電話がすぐにつながりクリニックに30分以内に来院できる(場所によってはスタッフがご自宅などへ迎えに行きます)という条件を満たす必要があります。条件を満たせば、必ずしも自宅やクリニックにいる必要はありません。

※任せることができる医師がいれば分院を作り院長として働いていただくことも可能です(西区はまだ在宅医や在宅医院が少ないため)




お問い合わせの多い質問をQ&A形式でお答えします。
Q1)在宅医に転向したいのですが可能なものでしょうか?

臨床経験を2年以上いわゆる研修医を卒業したら可能です。院長自身整形外科医からの転向であり、内科以外の他科からの転向でも問題ないと考えます。しかし、サッカーの試合に例えると在宅医療はホーム&アウェーのアウェーの戦いです。病院は基本的に医師が治療に専念しやすい環境が整っておりすぐに相談できるスタッフが揃っておりホームの戦いができますが、在宅医療は医師にとって環境が整っていないためアウェーの戦いになります。そのため、ある程度臨床経験を積んで臨床力やそれ以上に人間力を積んでからが良いと思います。

Q2)訪問診療の一般的な内容について教えてください

一般的な訪問診療の内容は患者様宅へ行きバイタルサインをチェックして、その後は一般的な聴診、触診、問診を行います。そして診察結果をお話しして指示やアドバイスして処方箋を発行して終了です。体調安定時の実質滞在時間は10〜20分程度です。診療には運転や診察補助をするスタッフが同行します。当クリニックでは医師が診察に専念できるように、処置やバイタル測定を同行看護師が行ったりカルテ入力や処方箋発行を同行秘書が行ったり、様々な工夫をしています。

Q3)特別な技術や専門的な知識が必要ですか?

いわゆる専門医的な技術や知識は必要ありません。しかし、在宅では全科対応が必要ですので、浅くても広い知識が必要と考えます。当クリニックは在宅看取りも積極的に支援していますので緩和ケアの知識や、病院と異なって制限が多い環境なので在宅ならではの方法もあります。しかし、まだ在宅医は一般的ではありませんので、上記は徐々に当クリニックで経験していただくものと考えています。

Q4)宅直時間帯のコールや往診の回数はどの程度ですか?

宅直は第1コールを看護師が持つことが多いため、(もちろん波がありますが)実際に医師に連絡が入る頻度は週に1〜3回程度です。宅直時間帯に往診になる頻度は月に1〜3回程度です。

Q5)個人的な理由で宅直が出来ないのですが宅直のない常勤医は募集していますか?

申し訳ありませんが宅直のできない常勤医は募集していません。ただし、回数の相談は可能ですのでお問い合わせください。非常勤医師はスポットでの宅直を受けて頂ければありがたいですが、宅直不能でも結構です。

Q6)休日の頻度や休みはとれますか?

夏季休暇(フレックス休暇)が年2日あります。6ヵ月以上勤務していただくと10日〜最大20日での年次有給休暇が発生します。院長と交代して休暇取得は可能で、積極的に交代で休暇をとること推奨しています。

Q7)学会参加に関して補助がありますか?

学会は年に1回のみ交通費、宿泊費、参加費をお支払いします。
posted by MCL at 18:55| Comment(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

常勤看護師の再募集を始めました!

昨年秋より常勤医師が増えたため同じく昨年秋より看護師2→3人体制にして当クリニックの看護師業務の医師訪問同行と連携調整業務と宅直電話当番を行ってきました。今現在は昨年秋からくらべても徐々に在宅患者様が増えています。今現在は医師と看護師ともに仕事量が丁度よい感じになっています。
そのため急ぎませんが常勤看護師の募集を再開いたします。来年春には医師募集再開なども考えており、余裕を持っての将来を見据えての募集です。是非皆さんの応募をお待ちしております。

<常勤看護師募集>→気軽に院長への直接へメール問い合わせも可能です。
院長宛て:shinichi.mukaihara@gmail.com

一般お問い合わせ先:visit@mukaihara-clinic.com

勤務時間:週5日、8時30分〜17時30分(土・日・祝は休み、土曜日勤務して日・祝・その他一日平日休みの方も歓迎)、週1回程度の平日夜間と月1回程度の週末の宅直電話当番(自宅や自宅周辺待機)
報酬:月25万円、賞与3.4ヶ月(雇用6ヵ月未満はなし、1年以上勤務で満額支給)、交通費支給、残業代全額支給、宅直手当支給、厚生年金、医師国民健康保険、雇用保険・労災保険加入済、マイカー通勤可

現在クリニックでは医師訪問同行(医師と患者宅に行き診察を補助する)、週1回程度の平日夜間と月1回程度の週末の宅直電話当番(患者様に休日や夜間の体調悪化時にかけてくるように伝えている電話を最初に受ける)、連携調整業務(患者様、訪問看護ステーション、介護事業所、病院地域連携室、向原クリニックの間に入り患者様の治療や療養の調整をする)の看護師を募集しております。(当クリニックは訪問看護ステーションで働いている看護師が行う訪問看護と仕事内容が異なります。)在宅看取りをしているクリニックなので上記業務は決して楽ではないと思います。それでも一度患者様・家族に信頼され、看取り後にわざわざクリニックにお礼に来られる家族様との触れ合いを経験すると、大変でも実にやりがいがあり充実感に満たされることは間違いありません。そして飲み会などしていますがオフの時のリフレッシュはしっかりできる方を募集しています。
待遇:ハローワーク掲載情報を載せていますが、経験を考慮し給与設定させていただく場合もあります。

※看護師宅直電話当番とは休日や夜間の時間外に患者さまから電話があったときに対応する当番です。在宅患者さまのみに教えている24時間緊急電話を持っていただきます。電話をうけて対応し、電話のみで対応困難時には宅直当番医師に相談し、必要なら往診を要請し往診同行します。)
posted by MCL at 11:07| Comment(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

常勤事務員の募集を始めました!

このたび常勤事務員の1名退職と業務拡大のため2名の常勤事務員の募集を始めます。訪問診療専門のクリニックであり、事務員以外に医師・看護師・秘書・MSW(医療相談員)・運転手などの職種がいます。事務員はまさしく「縁の下の力持ち」であり基本的にクリニックの裏方業務ですが、クリニックにとってなくてはならない存在です。主な業務は総務、庶務、レセプト関係など多岐にわたります。当クリニックは「ワーク・ライフ・バランス」にも力を入れており、ひょうご仕事と生活センターよりこのたび審査を受けまして「認定企業」に認定される見込みです。見学も可能ですので、まずはメールや電話で気軽にお問い合わせください!皆様の応募をお待ちしております。
問い合わせ先:visit@mukaihara-clinic.comもしくは078-975-8760まで

<勤務時間>常勤:8時30分〜17時30分(土、日、祝休み)、土曜日の午前中出勤して他の平日の午前中休み可
給与:基本給16万円(3か月の研修期間は15万円)+住宅手当1万円、交通費支給、残業代全額支給、厚生年金、医師国民健康保険(半額クリニックで負担しますので平成28年度にて40歳未満8500円、40歳以上10500円、扶養者ある場合は別途負担必要)、雇用保険・労災保険加入済
賞与:平成28年度実績で年3.4カ月、雇用6ヵ月未満はなし、1年以上勤務で満額支給
posted by MCL at 13:06| Comment(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする