2019年02月08日

豆まき

末っ子が小学2年生の我が家では、まだしっかりと節分で豆まきをします。
おそらく末っ子が中学生になるまではするのでしょうね〜。
この日を楽しみにしていた末っ子は力を入れ過ぎてお面まで作ってしまいました。
IMG_6723.jpg
という訳で、これをかぶるのはやはり父親の役割になるのは自然の成り行きで、鬼役をしている私です。
喜んではしゃぐ小学2年生の末っ子、本気モードで豆を投げてくる中学1年生の次男、苦笑いをしながら一応参加する高校1年生の長男、そしてビデオ撮影をする嫁さんと、今年は日曜日の節分なのでのんびり休日モードの節分でした。

追伸:最近動物園に行きたいと言う末っ子を寒いから風邪引くと無理やり?(笑)説得して、この日も末っ子と二人で大阪の繁昌亭に落語を聞きに行ってきました。
繁昌亭の横にある大阪天満宮にお参りすると、「1000人巻き寿司丸かぶり」の節分イベントで大賑わいでした。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

災害ニュースで思うこと

平成最後の1月のブログを担当します事務の津江です。宜しくお願いします。

平成を振り返るとみなさんはどんな事を思い出しますか?
いい事もありましたが、災害という言葉をよく見聞きしたように感じます。
もちろん私も阪神大震災を経験しました。
また東日本大震災は向原クリニック就職した年でした。その後も各地で、地震や豪雨等の自然災害のニュースを見てきました。

昨年、岡山県の真備地区の被災状況は、記憶に新しいと思われます。
私は10年前に主人の仕事で広島県三原市本郷という所に住んでいました。
そこは広島空港の近くで、地形は神戸と同じ山と海があり温暖な気候の場所でした。周りは田んぼだらけで、神戸で生まれ育った私はカルチャーショックを受けながらも、周りの人がとても温かく接して下さったおかげで、5年間2人の子育てをしながら頑張ってきました。
ある意味で第2の故郷とも言えるくらい穏やかに過ごさせて頂きました。
しかしそんな第2の故郷が7月6日の豪雨により、とても大変な事になっていました。

あ.jpg

r.jpg

ss.jpg

え.jpg
私が住んでいたアパートの前のお店です。
2階のベランダから撮影したようです。この知らせは少ししてから、友人より頂いた物です。
とてもショックでした。
友人やお世話になった方の安否が気になり連絡しました。また知り合いの方が本郷地区の復興の為に毎日フェイスブックしながら復興していく姿やボランティア活動から人と人の繋がりの大切さを感じさせてもらっていました。


昨年末本郷が気になり、家族で行ってきました。年末の忙しい時だったので、会えればラッキーという感じでお世話になった方や友人に会いにいきました。みなさん忙しいながらも私達家族に時間を作って下さり、当時の話をしてくれました。今は住めなくなった住居が多く、かつて住んでたアパートも住める状況ではなく廃虚になっていました。
「周りは住めなくなった人が多く、離れて行く人が多い中、来てくれてありがとう」と涙ながら話して頂き、遠くで何も出来ずにいた私でも何か役に立てたのかなと少し救われた思いでした。
近くのマックスバリュも水没しましたが、再開していました。昔働いていた保育所(私保育士してました)は1階平屋で、全て浸かった為まだ再開出来てませんが、再建の目途も立ってるそうです。
まだまだ復興途中ですが、地域の方が頑張って盛り上げていかれてるので、次回第2の故郷に行くのが楽しみになりました。

今回の事で、人と人の繋がりによってみんなの命や街を守る事が出来るんだと再認識しました。
本郷は隣近所の繋がりがあったので、みんなで助け合いながら避難をした為、災害の状況は凄かったそうですが、人的被害は少なく済んだそうです。
私は今の場所に住んで9年目になります。
振り返ると隣近所の事を知ってるだろうか?町内会でも独居のお家も多いとは聞いてますが、どれぐらいいるかもわかりません。
いつどこで災害が起こるかわからない分みんなで助け合っていかなければと思いました。
私達世代がもっと声をあげていかないといけないと思いました。
みなさんの周りではどうですか?
今後の事態に備えていきたいですね。

今回写真を提供して頂いた本郷の方々ありがとうございました。


最後になりましたが、みなさんにとって今年1年が良い年でありますように。


posted by MCL at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成31年の向原クリニックの目標

今年のクリニックの目標を「歩み寄り」としました。
実は今年はクリニック目標を決めないでおこうと思っていました。
なぜなら、クリニックの目標を覚えていないスタッフも多いことやクリニックの問題点も多岐にわたっているため、掛け声だけの目標なら意味がないと考えていたからです。
しかし、複数のスタッフから今年の目標について話があったのと、当クリニックの常勤医師の安井先生から「今年はみんなで歩み寄って問題に対処していきましょう」とのお話があり、院長として「これだ!」と思ったからです。

 最近では向原クリニックスタッフでも患者様でも連携施設の皆様でも、総論的な大きな方向性の考えは一緒であっても、各論になると異なった意見が多いことに気づいています。
昔はその違いを埋めるために議論をして考えをまとめる必要があると思っていました。
しかし、最近ではまとめて一つの答え(考え)にする必要はないと思っています。
大切なことは相手の異なった意見をそのまま認めて、具体的な第3の対処方法を探していくことだと思います。
さらに大切なことは第3の対処方法が安易な妥協(単に足して2で割るような)になってはいけないと思います。
そして、十分に考えた「一致しない考えと具体的な方針」、それが「歩み寄り」だと思っています。

 今年の年末に意見の違いを認めながら「歩み寄れ」た1年だったと思えるようにしたいです。

【これまでの目標】
 平成23年 プロフェッショナル
 平成24年 システム化
 平成25年 相互理解
 平成26年 新体制元年
 平成27年 業務複数サポート
 平成28年 リーダーシップ
 平成29年 コミュニケーション
 平成30年 原点回帰〜理念に立ち返る〜

追伸:今年の目標は「がぶり寄り」ですか〜(笑)って言ったスタッフがいますが、「がぶり寄り」は相撲で相手のマワシを取って押し出していく技ですので、歩み寄りとは正反対になりますのでご注意ください(笑)。
posted by MCL at 08:00| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする